こよみ
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
わたしのこと
ちかごろ
あたらしいおたより
あたらしいつながり
それぞれ
過去の日々


おすすめる


お気にいる


重箱の隅(サイト内検索)


読んでまする


つぶやき


おたよりコーナー






その他もろもろ



ちく宅

日々記すわたしのいくつか
<< 展示会やります | main | 展示会始まりました >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -

クレパス画事典

せっかくなので、買ってみました。
クレパスとなかよくなれるかと思って。

でもなんと言いましょうか、
クレパス入門編って感じではなくて、
全体的に美術をやってる人を前提とした感じでした。
いろんな技法について丁寧に書かれてるには書かれてるんですが、
懇切丁寧に月面宙返りのやり方を教えられても
でんぐり返りしかできないわたしにはそんなのできっこないよ!
みたいな感じ。
というわけで星4つ。
『子供だけの画材じゃない!』という意気込みは十二分に感じられます。
(と、ここまで書いて書名をちゃんと見たら「プロのテクニック」ってあった。
たしかにプロのテクニックが満載です……)

でも今すぐためになる小技もあったし、
これからやってみたい技法もたくさん載ってるので
がんばって地道に試していこうと思います。
今までクレヨンスクラッチしかやったことのないわたしには
まったく別次元の高度な技法ばかりで目の前がクラクラします。
火とか使うんだよ!ひ〜っ! ←バカ。

技法の説明以外にもクレパスについての歴史とか、
額装、保存方法などについても詳しく書かれていて、
内容はとても充実してます。
しかも巻末にはいろんな画家のクレパス画作品集が載っていて
画材としてのクレパスの魅力を存分に楽しめるようになっています。

クレパス画をやるなら、一家に1冊あってもいいですね♡
という、たいそうニッチな事典です。



で、

クレパスの特長はやわらかくて、混色がしやすいことなんですが……





が……





やわらかすぎるーー。



色が混ざりすぎるーー。



ずっとクレヨンしか使ったことなかったので、
クレパスの長所がすべて裏目に出て使いづらいことこの上ないです。

あと、クレヨンに比べて油分が多いせいなのかなんなのか、
紙にやたら染み込む感じがして落ち着きません。
ワトソン紙の特厚口使ってるのに
塗ってると妙に紙がたわんでくるの。
これやだなぁ。
水張りしたほうがいいのかなぁ。

クレパス難しい。。。



明日から展示ですが、くじけ気味です。
寒いし。
つか明日の朝、池袋まで無事額装しに行けるのかしらん。
雪だよ、雪。
ぐう。
Posted by 千久子
作品 / 20:46 / comments(0) / trackbacks(1)

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク
- / 20:46 / - / -
COMMENT









Trackback URL
http://chiqco.jugem.jp/trackback/21
TRACKBACK
クレパス画事典―基本からプロのテクニック・画材の基礎知識・名画集
クレパス画事典―基本からプロのテクニック・画材の基礎知識・名画集
| ロドリゲスインテリーン | 2009/11/16 3:53 PM |